軟水と硬水の違い

軟水と硬水の違い

ミネラルウォーターの品名や内容量なとが記載されているラベルには、様々な情報が記載されていますが、まずは軟水と硬水の違いを理解しておきたいものです。

 

軟水と硬水の違いの基準には水の「硬度」を理解する必要があります。

 

水の味わいを決める要素は様々ありますが、硬度が味わいを決める最大の要素と言ってもいいでしょう。

 

硬度とはカルシウムとマグネシウムの含有量

水は見た目では無色透明で違いはわかりませんが、採水地によって含まれる成分が大きく異なります。

 

硬度とはこの水に溶け込んだ成分のうち代表的な成分であるカルシウムとマグネシウムの含有量を表しています。

 

具体的には下記の計算式で算出されます。

 

硬度(r/L)=カルシウム量(r/L)×2.5+マグネシウム量(r/L)×4.1

 

この計算式はカルシウムとマグネシウム量を炭酸カルシウムに換算したもので、アメリカ硬度と呼ばれるものです。

 

軟水か硬水かの基準はいくつかありますが、一般的には硬度100以下を軟水、それ以上を硬水と呼んでいます。

 

また硬度50以下を超軟水、硬度101〜300を中硬水とする場合もあります。

 

日本は軟水、ヨーロッパは硬水が多い

日本の水の硬度は、ほとんどが100以下の軟水ですが、酒造りで有名な兵庫県灘地域の六甲山系を源とする「宮水」や、沖縄県那覇市の水は比較的硬度は高めです。

 

ヨーロッパの水は硬水が多く、特にマグネシウムが多いものは日本人のように飲みなれていないと下痢をすることもあるほどです。

 

海外旅行で水にあたったという話をよく聞きますが、ヨーロッパなどでは水自体の衛生面での不安はなく、マグネシウムの多い水を飲んだことが原因であるケースがほとんどです。

 

それではなぜ、日本は軟水が多いのでしょうか。・

 

水に含まれる成分は、雨や雪が地中にしみこんで地層を通過する過程で、地層に含まれる成分を溶け込ませたものです。

 

日本列島は南北に細長く、中心に険しい山脈が連なり、その山の峰々に降り積もった雨や雪が地中にしみこみ地上に湧き出ますが、その距離は短く、日本の地層の特徴でもある火成岩は水を浸透しやすいため、地中にある時間は比較的短時間です。

 

そのため、水が含むミネラル成分もヨーロッパと比べると少な目になります。

 

沖縄本島はサンゴ礁由来の石灰岩層が多く、また、ヨーロッパにも石灰岩層が多いため、カルシウムやマグネシウムを多く含み硬水になります。

 

そして比較的緩やかな地形もあってゆっくりと水が通過するため、時間をかけて水にミネラル成分が含まれて行きます。

 

軟水、硬水の違いと食文化の違い

水が軟水であるか、硬水であるかはいわば水の個性ともいえますが、この水の個性が日本とヨーロッパの料理やお酒の違いとも深い関係があります。

 

和食はかつおや昆布、いりこ(にぼし)のような海産物のエキスをベースにしていますが、これらのエキスを煮出すには、ミネラル分の少ない軟水がピッタリなのです。

 

牛や豚などの獣肉のエキスを煮出すには、硬水の方が独特のアクが凝集しやすく、軟水よりもよりすっきりとしただしを取ることができます。